Event is FINISHED

夏休み前に差をつけろ!?博物館オンラインクイズクエスト 学んで楽しむ石棒アドベンチャー!そして伝説へ・・・

Description

2020年5月のGWに全国から約200人の方々に参加していただいた、飛騨みやがわ考古民俗館オンラインツアーから早2カ月。
今回、新たなイベントを企画しました。

「あなた(またはあなたのお子さん)はどれほど縄文時代のことを知っていますか?」

縄文時代に縄文人が幸せを祈るために作ったと言われている「石棒(せきぼう)」。
今回は日本で屈指の石棒収蔵数(1000本以上)を誇る飛騨みやがわ考古民俗館を舞台に、皆さんで博物館オンラインクイズクエストを行います。

クイズ大好きなみなさま!参加必須です!エンタメ、動物、宇宙のクイズはもういっぱいといたよ!という方!
今度は縄文時代という神秘に包まれた時代のクイズに挑戦してみませんか?
縄文時代は1万年間も時代続いていたのに教科書では数ページ!教科書にも載っていない!だからこそ、夏休みで差をつけて縄文博士に!?

なお、今回皆さんに対戦していただくお相手は、石棒界の未来を担う若手研究者メンバーたち。
さてみなさんは若手研究者たちに勝てますか!?

ぜひリラックスして、そしてときには熱くオンラインクイズクエストをお楽しみください。

==================
・日時:2020/07/19(日)10-11時
・場所:ご自宅等からZOOMにてご参加ください(お申込み後、後日別途メール・Peatix等でご案内します)
・対象:どなたでも(親子、大人どなたでも)
    *縄文のことに詳しい方はもちろんのこと、全く知らない方の参加も大歓迎です!
・費用:無料
・定員:最大100名

・申込方法:本Peatixより申し込みをお願いします。
・申込期限:7/19(日)7:00

・用意いただきたいもの:ご自宅にある赤いものと青いものを1つずつご用意ください。(クイズに回答いただく際に活用します。ZOOM上でお見せいただけるものであればなんでもOKです!
・1時間という枠内で進めてまいりますが、終了時間が若干遅れる可能性がございます点、予めご了承くださいませ。
・時間の関係上、10時ぴったりに開始したいと思いますのでできる限り遅れずに参加くださいませ!

==================

・クイズコンダクター:
三好清超(みよしせいちょう)
飛騨市教育委員会文化振興課係長(学芸員)
1977年2月大阪市生まれ2児の父
2000年奈良大学文学部文化財学科卒業後、神岡町役場(現飛騨市役所)に入庁。富山大学大学院修了。
飛騨市内にある文化財の保存と活用について精力的に活動。飛騨市文化財の歴史的解明及び価値認識のための調査・研究をする傍ら、市民に文化財へ親しみをもってもらうために保育園での土器づくり体験や出前講座を行っている。
現在は杉崎廃寺や姉小路氏城館跡の国史跡の指定を目指し調査を続けており、本プロジェクトでは人口減少下における全国の小規模ミュージアムのあり方を示すことを目的に、飛騨みやがわ考古民俗館を舞台にチームの中心となって活動している。

・若手研究者メンバー:
岡智康(おか ともやす)
南山大学大学院博士前期課程1年生 石棒クラブ石棒研究員No.0093
1998年1月滋賀県彦根市生まれ 立命館大学文学部考古学・文化遺産専攻卒業。
卒業論文で岐阜県特に飛騨地方を中心に祈りの道具である「石冠」を扱い、その起源と変遷について考察。
現在は石冠の地域性と伝達、製作方法、使用方法について検討中。 卒業論文執筆のために資料を調査しようと飛騨市を訪問した際、三好清超さんにお世話になったことで石棒クラブについて知る。
以降、調査や石棒クラブのイベント参加のために飛騨市をよく訪問するようになり、飛騨市を一定期間訪問しないことがあると落ち着かなくなってきた。個人的には飛騨市の関係人口にあたるのではないかと思っている。

小野大輔(おのだいすけ)
立命館大学大学院修士2回
生まれてから奈良以外に住んだことがない。
縄文時代の祭祀具として土偶と並び称される割には何だかよく分からないなと思い、石棒で卒論を書いてしまう。
そして修論を全国の文様を持つ石棒で書こうとしてる人間。
なお卒論のテーマを「石棒」とだけ伝えたとき、友人諸君に唖然とされてしまう。
飛騨をはじめ、岐阜県は大量に石棒やその仲間が見つかっており、どうも一般の人が畑やら何やらで見つけたものもかなりあるようなので、日本の中でも人と石棒の距離が近い特殊な地域なのでは?と勝手に思っている。

爲國 翠子(ためくに みどりこ)
大正大学文学研究科史学専攻史学修士課程1年生
1998年3月東京都立川市生まれ 大正大学文学部歴史学科文化財・考古学コース卒業。
卒業論文では、関東地方(一都六県)から出土した中期後半から後期前半の石棒を石材の観点から、どのように流通したのかについて考察。 現在は時期は変えずに対象地域を埼玉・東京に絞り、チャート・黒曜石・緑泥片岩を対象として、石器・石製品や石材ごとに流通の仕方に違いはあるのか?流通の中心となる場所・遺跡は異なるのか近いのか?について研究中。
2016年から「発掘された日本列島展」の解説ボランティアに参加し、そのボランティアで石棒に出会い興味を持ちました。石棒クラブはFacebookやTwitterで「石棒」で検索した際に知りました。今は、くにたち郷土文化館でアルバイトをしながら、研究をしています。

==================
主催
==================
石棒クラブ
https://www.facebook.com/sekibo.club/

ツイッター:https://twitter.com/sekiboclub
ツイッター(石棒くん):https://twitter.com/sekiboclubkun
インスタ:https://www.instagram.com/sekibo.club/
石棒3D化(石棒革命):https://sketchfab.com/sekibo.club
石棒note:https://note.com/sekiboclub
石棒Youtube:https://youtu.be/11a0_9SjiVo
----------------

飛騨みやがわ考古民俗館(飛騨市教育委員会)
http://hida-bunka.jp/facilities/miyagawaminzokukan/

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#656553 2020-07-12 22:10:26
Sun Jul 19, 2020
10:00 AM - 11:00 AM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンライン入場券 FULL
Organizer
sekibo.club(石棒クラブ)
193 Followers

[PR] Recommended information